あんにょすの雑記

楽曲・ゲーム・アニメ・オーディオ・ガジェットなどなどについて私感を記述しておくだけのブログ

9-nine-そらいろそらうたそらのおと 感想,考察 (※ネタバレあり)

前回記事

annyos913.hatenablog.jp

 

 

f:id:annyos913:20200615062152p:plain

単体エピソード最強(ハンカチ必須)

 

 

少し空きましたが『そらいろ』感想です。

 

9-nine-プレイヤーの中で『そらいろ』ってどんな評価なんでしょうか?

 

私は全4部の中で正直『そらいろ』が一番評価としては低かったかなって思います。

 

ただし王道をいく単体エピソードとして捉えれば結構のめり込めました。

 

それではいきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

----------------------以下ネタバレ含------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆王道の泣かせストーリー

f:id:annyos913:20200615062927p:plain

 

『そらいろ』は主人公の妹 新海 天 をフォーカスしたシナリオ。

 

まさかのBAD CGから始まり

 

ますね。

 

お、おぅ。。

 

 

内容を進めていくと

 

「存在感を操れる」ユーザーである天が兄である主人公を守るために

 

無理に力を使用したことにより制御が効かなくなり、

 

自らの存在感が危うくなってしまいますね。

 

 

「誰からも認識されなくなり記憶もなくなり消滅」

 

 

わりとよくある展開ですが、この類ってわかってても心に来るんですよね。

 

f:id:annyos913:20200615063422j:plain

(最近これをプレイしたので重ねました…)

 

 

 

何度も言いますが、この類はわかってても泣ける。

 

ぱれっとはそれを承知の上で、このBADシーンを敢えて頭に持ってきたのでしょう。

 

 

 

 

そんな『そらいろ』で一番好きなシーンはやっぱりこれでしょう。

 

f:id:annyos913:20200615064640p:plain

 

 

からの

 

f:id:annyos913:20200615064702p:plain

 

 

これですよ。

 

 

あのクソ生意気な天が。

 

 

自分の力もロクに知らないくせに、兄を心配し追っかけきて宿敵ゴーストへ向けて。

 

 

 

この時に流れてるBGM

 

f:id:annyos913:20200615065008p:plain

 

「ReAliZe(Piano ver.)」

 

(__)(反則かよ。。。)

 

この時もう私はお兄ちゃんになっていました。

 

 

 

「俺のことはいいからお前が逃げろ!」

 

って叫んでましたよね。死にかけてますけど。

 

 

 

 

『そらいろ』の良かった点って、ストーリーの大筋はありがちなんだけど、

 

f:id:annyos913:20200615065824p:plain

 

 

こういう、まだ存在してるのに徐々に忘れられていくのって珍しくない??

 

 

この類の展開って、サマ○ケよろしくだいたいが

 

「明日になったら存在が無くなっていてみんな忘れている」

 

っていうのがよくある展開だと思うんだけど、『そらいろ』は徐々に、なんですよね。

 

f:id:annyos913:20200615070010p:plain

 

みやこ…(´;ω;`)

 

 

そんな徐々に消えていく展開に心奪われる、『そらいろ』は9-nine-シリーズで唯一ストーリーの本筋とは別にヒロイン展開で心打たれる作品になりました。

 

 

◆秀逸な選択肢

『そらいろ』唯一の分岐選択肢

 

f:id:annyos913:20200615070355p:plain

 

ぼく、BAD ENDって先に見たいんですよ

 

 

そう、迷わず「受け入れない。」を選んだよね。

 

 

 

 

 

…あれ?

 

 

物語が普通に進んでいく…。

 

 

 

 

おかしいぞ、と思ったので検索。

 

 

 

 

これGOOD選択肢じゃねぇかwwwwwww

 

 

まんまとやられました。選択肢は素直に選ぼうね。

 

 

 

実妹を「受け入れる。」ことによって満足して消滅する妹。

 

実妹を「受け入れない。」ことによって死ねない!と思い耐える妹。

 

 

冷静に考えればそうだよね。。。でもこれギャルゲーだしさ。。。

 

 

 

皆さんは初手どちらを選択しましたか?

 

 

 

◆新海天というヒロインについて

 

f:id:annyos913:20200615074405j:plain

 

ごめんなさい、正直ヒロインの中ではドベ評価です。

 

(いや別に嫌いじゃないんですけどね。)

 

 

義理の妹で~みたいな設定はよくありますが、単純に実妹ってだけで僕はある程度ラインを引いてしまう真人間のようです。

 

 

あとキャラクター。

 

良い子なんですけど、この普段の奇天烈な感じがどうにも刺さらないですね。。

 

頭から紙袋被ったHシーンはさすがにギャグかと(CG割愛)

 

 

あとHシーンの途中から

 

「これ何か声がチョ○パーっぽくね?」

 

って思ってからチ○ッパーにしか聞こえなくてもうダメでした。。。

 

(表の声優さんも何となくしか知りませんでした)

 

 

 

でも嫌いじゃないんですよね。

 

 

 

なんていうか。。。

 

 

 

妹として好きだ。

 

 

すまん天。

 

 

 

◆ゴーストについて

 

ゴーストと公園で対峙するまで、ゴーストは悪役じゃないと思ってました。

 

ぼくのおばあちゃんが「あからさまに怪しいやつは敵じゃないよ」って言ってたから。

 

この時点で黒幕は「沙月」「与一」「ソフィ」「未だ見ぬ何か」と目星をつけてました。

 

f:id:annyos913:20200615071012p:plain

 

僕もこれ普通に信じましたよ、えぇ。

 

 

だっておばあちゃんが…(´;ω;`)

 

 

 

f:id:annyos913:20200615071121p:plain

 

お前なんでそんなナチュラルに正確悪いんや。。。

 

 

今回は素直に騙されました。。裏ぐって逆手踏んで、素直に騙されて。。。

 

 

思うツボやなw

 

 

◆残された(個人的な)謎

 

 

今回は正直あんま残った謎はないです。

 

『ここいろ』が敢えて回収しきれてないストーリーにしてる、

 

ってのもあるかもしれませんね。

 

 

強いてあげるならば、

 

f:id:annyos913:20200615073418p:plain

 

 

ラスト付近のこの会話ですね。

 

 

与一とイーリスの会話なんですけど、

 

(当時はソフィーティアのミスリードですね)

 

 

なぜ記憶を奪えることを知っている?

 

 

まぁ会話をイーリスが監視してた、って言えばそれまでですが…。

 

 

他には

 

f:id:annyos913:20200615071452p:plain

 

 

蓮夜のこれ。

 

リグヴェーダの初登場シーンです。

 

蓮夜は反発する翔たちに攻撃を示唆する挙動を取りますが、

 

このスティグマは恐らく魔眼のものでしょう。

 

つまり、与一に眷属化されている。

 

この枝では空間を断絶するアーティファクトを蓮夜は持っていない?

 

f:id:annyos913:20200615073912p:plain

 

また、ゴーストを与一のゴーストと認識していない?

 

なら眷属化はしていない?

 

 

僅かなポイントですが、この辺が若干この枝ではどうなっているかいまいち整理しきれませんね。

 

 

まぁ『そらいろ』自体が本筋よりキャラフォーカス色が強い感じがしますので、あまり気になりませんでした。

 

 

◆ep3『はるいろ』への架け橋

 

f:id:annyos913:20200615072437p:plain

 

春風がラストバトルで助っ人に来るシーン、めっちゃ好きなんですよね!!!!!

 

 

 

もう誰もが自分と妹のことを認識出来なくなってしまった世界で、え、おま、マジで?

 

しかも超つええええええええええええええええええ

 

 

春風好き。

 

 

可愛くて強い女の子、まじで好きなんですよね。

 

結果的に春風は抵抗力が高くて天の能力が効かない=記憶を維持

 

っていうことになるんでしょうか。

 

 

f:id:annyos913:20200615072701p:plain

 

 

これも良い演出ですね。

 

 

春風の能力はプレイヤー誰しもが対象を「魅了」し「洗脳」する能力だと誤認していたと思います。

 

ネコ(=^・・^=)??

 

結果的に『そらいろ』では最後まで春風の能力はわかりませんでした。

 

 

春風と希亜の能力はその章まで登場しつつも本質としてはわからない

 

っていうのが良い演出だなぁと。

 

 

というかヒロインたちの能力、発火とか槍とかに比べて基本的に万能すぎでは。。。

 

 

 

◆楽曲感想

 

前回まではBGMに関しても言及しましたが、

 

『そらいろ』以降BGMに関しての印象はそんなに変わらないので

 

単純にOPに関して触れましょう。

 

www.youtube.com

 

主題歌『ソラノキオク』 歌:米倉千尋 作詞:rino 作編曲:CHO-NAN

 

 

昔のアニソン感すげぇ( ゚Д゚)

 

 

米倉千尋の時点でだいぶ昔のアニソン感はするんですけど

 

 

ソラノキオクってちょっと主題歌4曲の中でも独特ですよね。

 

 

 

ep1「ReAliZe」が始まりっぽい感じを忠実に表してる中、

 

独特な雰囲気と不思議な世界観を忠実に表していて、

 

上手く2作目の引き込みを担っている楽曲に仕上がっています。

 

 

 

個人的にAメロ2に入る時のエレキがめっちゃ好きです。

 

 

 

◆総評

 

 

序盤で書いた通り、

 

9-nine-ストーリー根幹へはそこそこに、単体エピソードしては光る章

 

になっているかなって思います。

 

 

 

9-nine-って一応『ゆきいろ』までは単体プレイ可能なような謳い文句だったんだっけ。

 

全部プレイしても確かに『はるいろ』は単体でプレイしても割と楽しめるのかなと。

 

 

リグ・ヴェーダの登場、黒幕の正体…

 

 

次回作春風でしょ!??!?!はよ!!!!!!!!

(ごめんなさい)

 

 

 

『はるいろ』につづく